body { -webkit-text-size-adjust: 100%; }

飛騨高山

飛騨高山の魅力

高山市の中心市街地には江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、
その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれている。
最近は、「日本の原風景を残す街」として紹介され、日本国外からの観光客も増加
している。
仏ミシュランの実用旅行ガイド「ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」では必見の観光地として3ツ星を獲得している。
また、2009年3月発行の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009」、2011年3月発行の同グリーンガイド第2版においても3ツ星を獲得している。

みどころ

タイトルをタップ(クリックしてください)

国史跡 高山陣屋

国史跡 高山陣屋

陣屋とは 江戸時代に郡代、代官が政治を行った場所で 御役所や郡代(代官)役宅、御蔵などを総称して陣屋と呼びます。
幕末には 全国に60数カ所あったと言われている郡代・代官所の中で、当時の建物が残っているのは、この高山陣屋だけです。

陣屋前朝市

陣屋前朝市

飛騨高山の朝市の歴史は古く 江戸時代から米市、桑市、花市などの市として発達し
明治の中頃から 農家の奥さん達によって 野菜が並べられるように 朝市と呼ばれるようになりました。
陣屋前朝市は 午前6時〜正午まで 毎日行われています。
50店以上のテントが立ち並んでいます。 

三之町

三之町

城下町の中心、商人町として発達した上町、下町の三筋の町並みを合わせて (古い町並み)と呼んでいます。
国指定重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて 中でも三之町は時代をさかのぼったような、不思議な静寂に包まれています。

飛騨民俗村(飛騨の里)

飛騨民俗村(飛騨の里)

飛騨高山の集落博物館(飛騨の里)には 合掌造りをはじめとした飛騨の古い貴重な古民家が移築復元され 懐かしい農山村の暮らしや、昔からの伝統行事を再現し 未来へ伝えています。

このサイトは・・・

下呂温泉の観光案内所「ライドシステムズ」が運営するスマホサイトです。 ご来店・ご予約時には
「下呂温泉どこイク?を見た!」
とお知らせください。

下呂温泉どこイク?
Copyright © 2014 All rights reserved.
下呂温泉の観光案内所「ライドシステムズ」